プレスリリース 《浸水防止塀》 コンクリート塀で出来る浸水対策 「塀のねっこ」

転載元 PR TIMES

個人・法人・自治体それぞれでできる浸水対策外構製品のご紹介です。


頻発する水害から人、建物を守るためのコンクリート製品のご案内です。

プレキャストコンクリート製品開発とライセンス販売を実施する(株)コンクリートライセンス機構(代表取締役 池永征司、本社:東京都港区)は従来より自社開発を行っていたプレキャストコンクリート塀 「塀のねっこ」を浸水対策製品として活用するためのホームページを開設致しました。
「浸水防止塀」もしくは「浸水防止塀 塀のねっこ」で検索して頂くとご覧いただけます。【災害に強いコンクリート塀】
プレキャストコンクリート製品「塀のねっこ」は従来より災害に強い塀として開発を行ってきました。
当初より震度6の耐震、風速46m/秒の耐風設計としておりましたが、頻発する水害より大切な人、建物、設備を守るためにできる事を考え浸水防止塀としての活用方法をご提案いたします。
(当製品についてのご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。)

冠水した道路からみる浸水防止塀

冠水した道路からみる浸水防止塀
台風19号による豪雨により関東・東北地方を中心に水害が多発し被災された方が多く発生しました。今後、同じ被害が起こらないよう個人・法人にて行える浸水対策、水害対策としてプレキャストコンクリート製品の「塀のねっこ」を活用し浸水対策の一つとしてご提案しています。

「塀のねっこ」機能紹介【防災外構】 浸水防止塀としての活用
https://concrete-license.com/license/heinonekko/bousai-sinsui/

Blogには国土交通省による浸水対策の紹介、自治体による浸水防止塀補助金の紹介なども合わせて行っております。

【Blog】コンクリート塀を使った住宅浸水防止の提言
https://concrete-license.com/cla_blog/2019/10/15/suigai/

元々塀のねっこは「N1プラットフォーム」と呼ばれる、複数製品を一つの型枠で製造出来る鋼製型枠にて製造されており、将来的にはL型水路と呼ばれる水路製品も派生商品として供給する予定でした。
L型水路は大型の水路を構築する際に広く土木向けに使われており、水を遮断する能力は実証されてきております。

L型水路のイメージ図

L型水路のイメージ図
そのため、製品機能を追加しプレキャストコンクリート塀を活用した浸水防止対策機能を追加致しました。重要建築物の場合は開口部の浸水防止版やポンプ等、他の対策との併用により高い効果が期待できます。

~~浸水対策として主な特徴~~

  • 【工場製品】掘削・設置・埋め戻しだけの簡単作業
  • 【浸水防止】15cmの厚く重量のある塀のため水をしっかり受け止める
  • 【追加対策】製品間に止水材を使うことにより、より高度な浸水防止機能を期待できる
  • 【仮設対応】ゲートなどの開口部、もしくは建物全体を囲む仮設構造により浸水被害を軽減できる。
庭から見る浸水防止塀

庭から見る浸水防止塀
~~コンクリート塀として主な特徴~~

  • 【塀高自在】製品高0.5mから2.2mまで自由に選択が可能
  • 【倒れない】地震(震度6)や台風(風速46m/sec)でも転倒しないこと
  • 【耐火性能】火に強く延焼を防ぐ能力が高い
  • 【美観性能】プレキャストコンクリート特有の美しい肌面で景観を守る
  • 【百年設計】厚い壁、高強度コンクリートにより長期の使用が可能
  • 【人手対策】工場で製造した製品を据え付けるだけなので、特殊技能工が不要で早い
  • 【多彩な用途】コンクリート塀だけでなくフェンス基礎としても使える(簡易土留機能付き)
塀のねっこH2500

塀のねっこH2500

製品とクレーン

製品とクレーン

据付写真

据付写真

完成写真内から

完成写真内から
【当製品についてのご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。】

​株式会社コンクリートライセンス機構代表取締役
池永征司(いけなが・せいじ)
 昭和50年3月大分市生まれ。久留米大学卒業後、ソニーコミュニケーションネットワーク(株)に勤務。大分県内のコンクリート製品メーカーにて17年勤務、内5年間を代表取締役として務め、コンクリート製品&工法のイノベーターとして新発想の「ねっこ」シリーズの開発に心血を注いだ。
取得した特許にて2017年(一社)発明協会 平成29年度九州地方発明表彰 発明協会会長賞受賞、取得した商標にて2017年 (株)日刊工業新聞社 第28回ネーミング大賞 アイデアネーミング賞受賞。
 2017年に株式会社コンクリートライセンス機構を設立してからは、とりわけブロック塀の倒壊による死傷事故に心を痛め、危険ブロック塀対策を中心とした減災ソリューションづくりに注力する。

《会社概要》
株式会社コンクリートライセンス機構
 代表取締役 池永征司
https://concrete-license.com/
東京本社:東京都港区西新橋2-4-3プロス西新橋ビル6F
大分支社:大分県大分市東春日町17番20号 大分第2ソフィアプラザビル5階
電話 050-5213-4570 / FAX 03-6740-6481 / Mail info@c-l.co.jp
担当 : 専務取締役 池永 智浩